皆さん、おはようございます。朝礼の一言発表します。
これからの社会は、今や世界中が注目が高まっている「脱炭素社会」で温室効果ガスの影響で地球の気温が上昇し続け、気候変動などに影響を及ぼし、このまま温暖化が進めば、人類の存続を脅かすとも予想されています。
温室効果ガスには二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素、フロン類がありますが、最も温暖化への影響力が大きいCO2の削減が一番の課題となっています。
最近では、排出、廃棄物を最小限に抑えながら資源を有効利用する循環型社会「ゼロ・エミッション」や、CO2の排出量と吸収量を相殺してゼロとする「カーボンニュートラル」も、CO2実質ゼロを意味する用語でこれからよく聞く言葉となってくると思います。
日本のエネルギー産業は、石油や石炭、液化天然ガスなどCO2排出量の多い化石燃料を85%以上使用しているので、これらを再生可能エネルギーへの転換が求められています。
そこで、脱炭素社会の実現に向けた日本の取り組みでカーボンプライシングの導入が進められています。
カーボンプライシングは炭素の価格付けとも呼ばれ、CO2を排出した企業や法人に課税などを行う制度です。
日本における太陽光発電の促進は、各企業の生き残りをかけた生命線とも言われる取り組みとなると思われます。
車産業も太陽光発電を計画しています。
新エネルギー事業の太陽光パネル洗浄はこらからの大きな需要があり、営業推進本部としては太陽光パネルを設置されてる事業者様向けに日々テレアポしてパネル洗浄の獲得を目指しています。
簡単にテレアポについて参考になるかわかりませんがお話させて頂きます。

有事の際のリスクを最小限に災害時の燃料確保について【BCP対策】燃料の緊急時供給契約専属貯蔵サービス・専属配送サービス

筆者:笠野 英樹
営業推進本部
課長