水になれ、ともよ。

【人生は川の流れのように】
人は、「安心」「安定」を求めます。では、そのためには何が大切になるかというと、川の水のように流れ続け、変わり続けることです。
1971年に誕生して以来、変わらない味として親しまれている日清食品カップヌードル。
しかし、味は変わっていないように思えて、時代に応じて、少しずつ変わっています。
国によって、麺の長さも微妙に変えてある。1971年から変わらずに愛されているのは、時代に応じて、少しずつアップグレードしているからです。
『進化論』のダーウィンが、言う通り。
「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き残るのでもない。
唯一生き残るのは、変化できたものである」
僕らは、「安定」を求めますが、安定するためには、常に川のように流れていかなければならない。なぜなら、宇宙そのものが変わり続けているからです。
「变化こそ唯一の永遠」岡倉天心(思想家)
同じ場所にとどまろうとすることから、不幸は生まれます。
春夏秋冬、喜怒哀楽、それはめぐり続けていくものだと変化を受け入れる姿勢こそ、唯一安定(安心)を得られる方法です。
右足を一歩前へ出したら、バランスは崩れます。崩れながらも、今度は、逆の左足を一歩前に出す。バランスを崩しながら、一歩前に足を出し続けることではじめて、人は前に進めるのです。
生き方のお手本は、「水」です。水は、コップの中ではコップになり、あなたの体の中に入ればあなたになり、僕の中に入れば僕になる。柔軟に運命を受け入れ、自らの置かれた場所でひとつになるのです。 水になれ、友よ。

武術家・俳優のブルース・リーの言葉を紹介させて頂きました。コロナ禍になってもう3年が経ちました。この先10年はこのコロナ禍の世の中は変わらないだろうという声も出てきているのが昨今の世の中です。このコロナ禍では昨日までの当たり前が突然非常識になったり激しく変化する世の中です。当社では100年永続企業を目指し、ありがとうを世界一集める企業として日々、取り組んでいますが、ありがとうが昨日と今日で変わる事もこれから出てくる時代に入ります。お客様が接触を避ける世の中で接触を許してもらえる信頼を築き、サービス向上を目指さなければいけません。我々は灯油を売るのか?水を売るのか?エアコンを売るのか?我々は安心と安全と元気というサービスを売っている以上、この変化し続ける世の中に柔軟に対応しなければいけません。GWに突入し、気が緩むかも知れませんが、それは普段では訪れない所に出向き、普段の生活の中では気付けなかった部分に気付けるチャンスでもあります。100年永続企業を成功させる為に、社員1人1人の意識が肝心という事です。連休に入る前の最後の週です。
頑張っていきましょう!

RELATED POST

関連ブログ