関連会社事業

災害時の燃料供給サービス
非常用発電機の負荷試験

シューワグループの日本BCP株式会社は
「災害時の燃料供給契約」や
「非常用発電機の負荷試験」を行っています。

BCP

Business Continuity Plan

事業継続計画

災害など緊急事態に企業の存続のために必要な重要業務を継続するための対策です。
大きな自然災害が相次ぐ昨今、BCP対策は企業のリスクマネジメントの重要課題の一つとなっています。

災害時の燃料供給サービス

非常時の電源を確保するために
非常用発電機を備える企業が増えています。

しかし、災害時の燃料確保は大変困難です!

また、自己備蓄にも限界が…

災害時燃料供給契約

当社サービスの強み

3.11東日本大震災での支援実績

当社は2011年の東日本大震災直後に
内閣府の要請を受け、
3月23日から約3カ月間、
岩手県で復興支援をお手伝いしました。

  • 避難所への灯油供給
  • 企業への灯油、軽油、重油、ガソリンなどの燃料配送
  • その他の支援活動(がれき撤去、散水など)
  • 不明者捜索やがれき撤去に使う重機への軽油供給
  • 自衛隊の支援拠点に被災者支援用の灯油を配送
  • 被災地の燃料業者にタンクローリーを貸し出し

熊本地震での支援実績

当社は2016年4月の熊本地震でも
熊本県と九州電力から要請を受け、
被災地に燃料供給や救援物資配送を行いました。

非常用発電機の負荷試験

災害時に燃料を確保できても、非常用発電機が故障や老朽化で稼働しない
そんなことが実際の被災現場で多発しています!
そこで、非常用発電機の「定期点検」「負荷試験」の実施をおすすめします。
負荷試験とは発電機の機能を確認する試験です。

消防法による点検義務等

負荷試験(負荷運転点検)の内容例

  • 疑似負荷試験装置等によって定格回転速度や
    定格出力の30%以上の負荷で必要時間、連続運転

  • 運転中に油もれや異臭、不規則音、異常振動、
    発熱などがないか確認

  • 排気が極端な黒や白でないことを確認

  • 運転中に排気系統に排気ガスの漏れがないか確認

負荷試験の手順

  • 非常用発電機

  • 負荷電力で運転する
    試験機

  • 負荷電力の接続

  • 負荷運転を開始