行政や大学との
災害時協定

シューワグループは2011年の東日本大震災直後、被災地で3カ月間、燃料搬送・供給などの復興支援を行いました。こうした支援を可能にする広い燃料貯蔵ネットワークや業界屈指のタンクローリー保有台数などを背景に、行政や大学、各種企業と災害時の協定や契約を結んでいます。

近い将来に発生が危惧される南海トラフ巨大地震などの大規模災害に備え、
災害時に当グループが避難所などに燃料や飲料水などを供給することが主な内容です。

当社の災害時協定の背景

東日本大震災などでの救援実績

岩手県災害対策本部の要請で
燃料供給など3カ月間の復興支援

南海トラフ巨大地震

当社の幅広い石油貯蔵ネットワーク

全国各地に60カ所以上の石油供給基地

(自社+協力会社)

業界屈指のタンクローリー車保有台数

約400台保有

(災害時に同業者に貸し出し実績も)

大阪府との協定

「災害時における避難所等への灯油等の
供給協力に関する協定」2016年3月締結(期限1年間)

「災害時における燃料等の供給協力に関する協定」2019年7月締結

大阪市との協定

「災害時における燃料等の供給に関する協定」2018年1月締結

国土交通省近畿地方整備局との協定

「災害時における燃料等の供給に関わる協定書」
2018年9月締結

堺市との協定

「災害時におけるローリー車等による燃料供給に関する協定」
2021年10月締結

各協定の主な内容

災害時に各行政からの要請に基づき、
自社業務に支障のない範囲で下記のような支援に応じます。

  • 避難所など行政の指定場所に灯油・ガソリン・重油・軽油を供給
  • 指定場所に飲料水を供給
  • 指定場所に指定物資(石油ストーブなど)を供給
※地震等で大阪府内の電気・ガスなどのライフラインが停止した際、一部復旧までに約1カ月かかると想定されています。

関西大学との協定&契約

「効果的な燃料輸送についての共同研究に係る協定」

「大規模災害時における石油燃料配送に関する基本契約」

2017年10月締結、2019年9月と2021年8月に更新
各地のキャンパスが災害時の避難所、非常食発電機や飲食品を備蓄 災害時各地の石油貯蔵基地からガソリン、軽油、灯油などを優先搬送