先日行ってきました安全運転管理講習から興味のあるところを紹介いたします。

自動車ではなく自転車による事故が急増している

まず、平成27年6月1日に道路交通法が一部改正されたということで、テレビでもやってますが自転車による事故が急増しているということ。車が人をはねたんじゃなくて、自転車が人にぶつかりお年寄りが死亡させるというケースも増えていますのでここにいる我々だけではなくご家族の方にも注意してあげて下さい。今回の法改正では14項目に該当する違反を繰り返す自転車の利用者に「自動車運転者講習」を義務づけるというものです。(子どもでも14歳以上は対象)これらの違反を3年以内に2回以上繰り返す自転車利用者に講習の受講を義務づけ、未受講者は5万円以下の罰金刑が適用されます。

自転車による14項目の違反行為

  1. 信号無視
  2. 通行禁止違反
  3. 歩行者用道路徐行違反
  4. 通行区分違反
  5. 路側帯通行時の歩行者通行妨害
  6. 遮断踏切立入り
  7. 交差点安全進行義務違反等
  8. 交差点優先車妨害等
  9. 環状交差点の安全進行義務違反
  10. 指定場所一時不停止等
  11. 歩道通行時の通行方法違反
  12. ブレーキ不良自転車運転
  13. 酒酔い運転
  14. 安全運転義務違反

ちなみに最近特に増えている「ながらスマホ」、自転車を運転しながらスマホを操作していて歩行者と衝突するようなケースは安全運転義務違反になるそうです。

自転車安全講習/3時間/講習料5700円(標準額)

講習時間 3時間
講習手数料(標準額) 5,700円(都道府県条例で別途定められる)

なかなか厳しいルールです。
自転車の運転者側の事故というのは直接仕事に関係しないかもしれませんが、もうひとつはかなりあります。こちらは少し前ですが、あらためて紹介がありました。

平成25年12月1日施行された 無免許運転等の罰則強化について。

改正前は1年以下の懲役または30万円以下の罰金でした。改正後は3年以下の懲役または50万円以下の罰金

安全運転管理者講習の講師の先生も言われてましたが、免許不携帯はあるかもしれませんが、普通、社内で無免許運転ってあると思いますか?なかなかないと思われがちですが、いわゆる免停中の運転は、無免許運転です。あとは普通免許をもっていても中型免許や大型免許のいる車両を運転した場合、これも無免許運転、言われればなるほどと思います。

会社として重要なのは、従業員に無免許運転をしているものがいた場合です。

無免許運転をするおそれのある者に自動車等を提供し、自動車等の提供を受けた運転者が無免許運転をした場合(要するに確認していないということも含まれ)会社は「無免許運転の幇助をした」として3年以下の懲役または50万円以下の罰金。もちろん50万円が高額だから言ってるのではありませんが、社用車もありますので、各部署単位でも確認をしてみてはどうでしょうか。

有事の際のリスクを最小限に災害時の燃料確保について【BCP対策】燃料の緊急時供給契約専属貯蔵サービス・専属配送サービス

筆者:御囲晋也
株式会社シューワライフサポート
総務部
次長