コロナの感染が広がり、倒産危機ランキングなどがネットで流れる中、シューワは日頃から社長の言われる「ピンチはチャンス」のとおり、まずますの数字で決算を迎えられそうだと伺っています。
またこのコロナ禍で最近、社長が良く口にされる「こんな時こそ逆ばりや」のそのお言葉に肖って、ホテルサービスは新たなホテルとの契約を進めています。
観光業が疲弊する中ともすれば、閉館や倒産するホテルもありますが4月、5月、6月と厳しい状況の中、社員スタッフ一丸となって耐えて頑張ってきました。
こんな時こそ攻めに転ずる。環境のせいにせず厳しい状況、条件の中でも自分達で出来る方法を考え出す。
思い起こせば初めて関わったホテルも最悪の条件での戦いでした。あの時の事を思えば勝算ありです。新年度10月に皆様に良いご報告ができるよう頑張ります。

有事の際のリスクを最小限に災害時の燃料確保について【BCP対策】燃料の緊急時供給契約専属貯蔵サービス・専属配送サービス

筆者:近藤ゆみ子
有限会社シューワホテルサービス
代表取締役