コロナ禍において派遣業界も非常に苦境に立たされています。
派遺先の稼働低下やひどくは停止。出勤制限や、雇い止め等、暗いニュースは続きます。
今週は外部の方との打合せ内で当社の強みに改めて気付かされました。
キャリアパワーは石油事業部の人材確保を目的に発足しましたが、事業部から法人となり、車内売上から外部売上と舵を切り現在に至ります。
そんな背景からも事業の中身としてもドライバー派遣から、製造やメーカー、電子半導体や内職、請負業まで多岐に渡り取引先リスクの分散も気付けばされていた様に思います。
一社に頼らず、二社に足りず、3社に満足せづ、4社に安堵せず・・・派遣会社としては他社がうらやむくらい安定した売上を確保できています。
これも当社の方針であるムカデ商法と季節商売を主とした企業ならでは経営哲学ではないかと今更ながら現実として感じる事が出来ています。
「逆境にまさる師なし」当社はこの逆境を過去最高で乗り越えられると信じています。

有事の際のリスクを最小限に災害時の燃料確保について【BCP対策】燃料の緊急時供給契約専属貯蔵サービス・専属配送サービス

筆者:角谷 育則
シューワキャリアパワー株式会社
代表取締役