今週の一言として、『働き方改革』ダンドリ仕事術という本の中から一文ご紹介させて頂きます。

効率化のキモは「ながら作業」!
効率良く仕事を進めている人は、複数の仕事を同時進行で進めることができる人だといえます。
この「ながら作業」は日常生活にも多数存在しています。
料理はダンドリを語るうえで、もっとも身近な例です。
コンロで煮物をしている間に、別の食材を包丁でさばき、一方で、炊飯器で米を炊きつつ、テーブルには飲み物を準備している・・・・・・というように、同時進行の作業が多ければ多いほど物事はスムーズに運ぶわけです。

料理はたいてい、キッチンに立つ自分1人の単独行動における「ながら作業」ですが、仕事における「ながら作業」の特徴は、他のメンバーと共に作業を進められる点にあります。
要するに、他のメンバーが絡む仕事に着手し、仕事依頼のバトンを渡したら、自分は他のメンバーが動いてる間に別作業を進めることがポイントなのです。と紹介がありました。
そして追加して取組こととして、仕事シェアを広げていくことが重要と最近では考えています。
「誰々でないと出来ない仕事」や「誰々じゃないと対応できない」等を無くし、仕事シェアをする事で「誰々じゃないと」を無くせるように取り組むと効率化を図る事が出来るのではないでしょうか。
今の業務をさらに改善できるようにと願い、一言のあいさつとさせて頂きます。
最後に昨今流行しているコロナウィルス、感染予防に取り組み体調にはお気をつけ下さい。

ありがとうございました。

有事の際のリスクを最小限に災害時の燃料確保について【BCP対策】燃料の緊急時供給契約専属貯蔵サービス・専属配送サービス

筆者:西川恵二
株式会社シューワライフサポート
ファシリティ事業部関西 工事課
課長