現在、営業推進本部3名が本社に来られたこと、4月から新入社員が増えることから本社の一部部署の席替え引越し作業が進んでいます。まずはファシリティ関西の事務所を半分にして、もう半分にウォーター事業部が移動します。簡単に席替えや引越しといっても、デスク、書庫、パーテーションの購入や、ファシリティ関西のドア増設、壁の撤去など、想像以上に費用がかかります。

そんなタイミングでしたので今日は「席替えによる効果」という観点でお話をさせていただきます。

席替えによる効果

いわゆる席替えを行う理由としては、

  1. 人員が増え、席が足りなくなった。
  2. 仕事がしにくい導線で効率が悪いから。が大半ではないかと思います。

世の中には聞いたことのない職業の方がいるもので、「事務アドバイザー」という肩書きの方が書かれた記事には次のようなことが書かれています。

事務アドバイザーから見た席替えの効果

  1. 隣席のメンバーが変わり、部署内の交流を深まる。
  2. 新しい環境、変わった景色から生まれる新しいアイデア。

会社は業務上必要だから今回費用をかけて席替えを行いますが、とはいえこの席替えの効果を意識しつつするのとしないのとでは大きな違いがあるように思います。きっと何にも考えずにただ席替えをしたら出てこない発想です。

最後に

折角の機会ですので、今回特に移動される方みなさんでも考えてみてください。

有事の際のリスクを最小限に災害時の燃料確保について【BCP対策】燃料の緊急時供給契約専属貯蔵サービス・専属配送サービス

筆者:御囲晋也
株式会社シューワライフサポート
総務部
次長