本日は、3月4日に社を代表して参加させて頂いた「リテールテックジャパン」について話をさせて頂きます。
東京ビッグサイトで開催された「リテールテックジャパン」は、流通情報システム総合展で、スマートフォンを活用した決済システムやPOSシステム等が展示される日本最大級の総合展です。
今回は、灯油の巡回販売を始め様々な事業でクレジットカード決済等の現金以外での決済の導入に向けての調査を目的として、参加させて頂きました。
近年、情報技術の世界では、様々なイノーベーションが起り大きな変革を遂げています。

その一つに「スマート革命」が上げられますが、皆さんご存知の方はいらっしゃいますか?

平成24年版の情報通信白書のなかで「スマート革命」をとりあげていますが、サブタイトルをICTのパラダイム転換とされています。
スマート革命を辞書で引きますとスマート革命とは、ユビキタスネットワークの充実、コンピューティング環境のスマート化、およびその融合によって実現されるICT分野の革新・パラダイムシフトを指す語である。とあります。
なんだかよく分かりませんね?少しご説明させいて頂きますと、

【ユビキタスネットワーク】
あらゆるところ、いたるところで利用可能なコンピュータネットワークのこと。
【ICT(Information and Communication Technology)】
日本では、情報処理や通信に関する技術を総合的に指す用語としてITが普及しましたが、国際的にはICTの方が広く利用されています。
【パラダイム転換(パラダイムシフト)】
その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化することを言う。

・・・簡単に申し上げますと、LTE等のワイヤレスブロードバントとスマートフォンの普及で、あらゆる場所やシーンで簡単にインターネット等を利用できる様になり、今までとは劇的に変化してきたといえます。
リテールテックジャパンでは、スマートフォンやタブレットPCが中心となっており、一昔前に多く存在した専用機やパソコンは存在感が薄れ、時代の変化を大きく感じられました。
また、出展されていた大手各社が、こぞって大きく取り上げられていたのが「ビッグデータ」です。

【ビッグデータ】
ICTの進展により生成、収取、蓄積等が可能・容易になる多種多量のデータ(ビッグデータ)を活用することにより、異変の察知や近未来の予測等を通じ、利用者個々の
ニーズに即したサービスの提供、業務運営の効率化や新産業の創出等が可能。

・・・ビジネスの世界では、コラボレーションやアライアンスといった1つの目的のために色々な企業が関わる事が良くありますが、データの世界でも自社に蓄積されたのデータ
だけではなく、様々なデータを活用することにより可能性が飛躍的に進むことが予測されています。

膨大な販促費を使い「おまけ」等をつけて、新規顧客を獲得しようとする小売業者は非常に多いですが、小売業では新規顧客の4人のうち1人が1回の来店で終わり、人のうち1人が3回の来店で終わる。
飲食業では新規顧客の2人に1人が1回の来店で終わり5人のうち4人が1回の来店で終わっているというデータがあるそうです。

その結果、日頃買物にきて下さるお客様が大切であることに気がつくそうです。

ほとんどの企業が新規のお客様を獲得するのにお金をかけていますが、既存のお客様の有り難さに気が付かず、ついつい粗末な扱いになるそうです。
既存お客様に5%余分に費用をかけるだけで3割~5割の利益が増えた例もあるそうです。
今回、リテールテックジャパンに参加し、シューワ社内に過去からの膨大なお客様のデータが存在するこを思い出させてくれました。
どこの企業でもあまり活かすことのできなかった業務データを様々なデータと合わせ「ビッグデータ」とすることで、新たな可能性が開けるのではと深く感じました。

経営の神様と言われた松下幸之助氏は、「お客様は常に正しい」と言う言葉を残されています。

情報技術を駆使し過去のデータを分析することで、お客様の声聞きとり、既存のお客様へ新たな価値を提供し、スマホから簡単に灯油やエアコン洗浄を発注でき、キャッシュレスでお取引ができる。そんなシューワを実現できることが、今回、リテールテックジャパンに参加させて頂き、今まで想像していたことが実現できる確信に変りました。
今まで、情報システム部は業務の改善や問題解決を中心に開発を行ってきましたが、元ゼネラル・エレクトリック社のCEO ジャック・ウェルチ氏が「問題を解決しても成果は得られない。成果はチャンスを開拓することによって得ることができる」と言われているように、ビジネスチャンスを開拓できるようなシステムの開発に努める所存でございます。

以上

※参考文献
総務省 平成24年版 情報通信白書

■goo辞書
http://dictionary.goo.ne.jp/

■Weblio辞書
http://www.weblio.jp/category/computer/binit

ビッグデータとは、以下の例の様に様々データの集合体

  1. 【ソーシャルメディアデータ】
    ソーシャルメディアにおいて参加者が書き込むプロフィール、コメント等のデータ
  2. 【マルチメディアデータ】
    ウェブ上の配信サイト等において提供等される音声、動画等のデータ
  3. 【ウェブサイトデータ】
    ECサイトやブログ等において蓄積等される購入履歴、ブログエントリー等のデータ
  4. 【カスタマーデータ】
    CRMシステムにおいて管理等されるDM等販促データ、会員カードデータ等のデータ
  5. 【センサーデータ】
    CPS、ICカードやRFID等において検知等される位置、乗車履歴、温度、加速度等のデータ
  6. 【オフィスデータ】
    オフィスのパソコン等において作成等されるオフィス文章、Eメール等のデータ
  7. 【ログデータ】
    ウェブサーバー等において自動的に生成等されるアクセスログ、エラーログ等のデータ
  8. 【オペレーションデータ】
    販売管理等の業務システムにおいて生成等されるPOSデータ、取引明細データ等のデータ

有事の際のリスクを最小限に災害時の燃料確保について【BCP対策】燃料の緊急時供給契約専属貯蔵サービス・専属配送サービス

筆者:鯉ノ内隆弘
シューワグループ
執行役員部長