先週末から顔面神経痛により右顔の表情が作れなくなりました。すぐに病院へ行き手当を受け大事には至りませんでしたがケガ、病気になった時は常に日頃の健康への取組や体調への配慮を考えさせられます。

不自由な事から学ぶ

『あたり前に出来た笑顔が出来なくなる。』当たり前の大切さが体験を通じて改めて認識できました。弊社のシューワ実践二十魂の1つ、『笑顔であれ!』も不自由な顔で笑顔が出来ない。あたり前の大切さを改めて考えなおす事ができ本当に苦労と勉強になりました。皆様の『当たり前』も今一度、自分の不自由な環境を想定しつつ見つめ直してみてはいかがでしょうか?新しい発見や発想が生まれるかもしれません。そう考えると『不自由』もたまには良いものかもしれませんね。

有事の際のリスクを最小限に災害時の燃料確保について【BCP対策】燃料の緊急時供給契約専属貯蔵サービス・専属配送サービス

筆者:角谷 育則
シューワキャリアパワー株式会社
代表取締役