皆さんは飲むならお茶派?コーヒー派?どちらでしょうか。最近はお水派なんていらっしゃるかもしれません。人それぞれ好みが違いますよね。また同じ飲み物でも温度にも好みがあります。熱いもの、冷たいもの、さしてお茶の美味しい温度は70度から80度。紅茶は100度位が美味しいとか。しかし猫舌の人や、ぬるいお茶が好みの人もいるでしょう。

さて、サービスを提供する企業としてすべてのお客様の要望に適したサービスを提供する事は難しいとは思いますが、すべてはお客様からありがとうを頂くためにしっかりとご要望と『好み』を知ることが大切だと思います。また、好み(このみ)とは(よしみ)とも読み、好み(よしみ)とは親しい付き合いやなにかしらの縁によるつながりの意です。日頃、商品説明だけでなく自らを磨き、お付き合いの中でご縁を頂き好みを知り要望に応えれば最高のサービスになるに違いありません。

あなたはどれだけお客様のご要望と好みを知っていますか?一度振り返ってみてはいかかでしょうか?新しい発見があるかもしれません。

有事の際のリスクを最小限に災害時の燃料確保について【BCP対策】燃料の緊急時供給契約専属貯蔵サービス・専属配送サービス

筆者:角谷 育則
シューワキャリアパワー株式会社
代表取締役