仕事における自己実現をするにはどうすればいいかと聞かれると皆さんはどのような返事をするのでしょうか?

企業内での自己表現

若い頃、20代の頃です。上司に対して提案を何度もしていた時に、その上司から『自分のやりたいことをしたいなら自分で会社を作って社長になってからしなさい』と言われました。何度も言われました。自分の提案は完璧で『会社にとってこんないいことはないぞ』と思って出した提案をこのように切り返されると結構ショックでした。

納得がいかないので同僚や、別の上司に相談してみると、自身が出した提案が真っ赤になるくらい添削されてしまいました。

自身の考えを客観的に見る

いかに自分で考えたことが一方的であったり、部分的であったりするということがよくわかりました。単なる一人よがりだったんでしょう!

その次からは「やりたいこと」や「提案したいこと」があればまずは「大きなテ-マを出し」「その方向性が会社と一致しているか」を検証し「周囲に聞いてみて」「上司にも初期の段階から相談」し、自身でも自身の考えを何度も客観的にみるように心がけてきました。

会社内での自己実現は人によって夫々違っていると思います。人の数だけあるようには思いますが、しかしながら企業内で100%自分の思いをなし遂げるのは結構難しいのではと思います。もしかすると企業内での「自己実現は結果ではなく」自己実現するために「いかに努力したかということを自分自身でいかに満足する」かということかと思います。

自身の主張が通らないとストレスをためる方もあるかもしれませんが考え方の方向性を変えることでもしかするとそのストレスは少なくなるかもしれませんね?

最後に

私の会社での自己実現は「経営管理室として予算達成をいかに進めていくか」です。その達成のためにはどんないかなる努力もいとわずにやっていきたいと思っています。「いつかきっと全社からありがとうという言葉を頂戴できる」と確信していますので。

有事の際のリスクを最小限に災害時の燃料確保について【BCP対策】燃料の緊急時供給契約専属貯蔵サービス・専属配送サービス

筆者:松山信仁
シューワグループ
執行役員部長