請求書提出期限厳守など期限があることに対して多くの部署でできるようになってきていますが、しかしながらまだ一部の人で、とくにベテランの方から 「やってますよ。」「無理なんですよ。」「忙しいんです。」といった言い訳だけを伺うことがあります。

会社の変化に合わせ自身の考え方や仕事の仕方も変える

「言うが易しするが難し」周りからみていると簡単そうに見えることでも、実際にやってみると結構難しかったり、思わぬ時間がかかったりすることはよくあることと思います。

また特に、「初めてのジャンルの仕事」や「これまでやったことがない方法で仕事をする」と多くの時間がかかってしまうものと思います。しかしながら、これは仕事のベテランになればなるほど分かってくることですから、当然予測できたことなのですが・・・。

会社は置かれた環境によって変わっていくもの

ベテランになればなるほど、経験者になればなるほど、「自分の仕事の進め方や考え方が出来上がって」いて、現状を「効率的で最適」だと満足してしまいがちではないでしょうか? これがベストなどと思ってないでしょうか?

会社は置かれた環境によって変わっていくもと思います。会社の変化に応じて自分の仕事に求められることも微妙に変わっていきます。

その中で「自分の仕事のやり方」にこだわっていては変化に対応できない場合があります。それどころか「会社にとってマイナス」になることがあります。仕事とは「自分のやりたい方法」や「やり易い方法」でやればいいのではなく、「成果を出せる方法を常に考えながら進む」ことをしなければ、会社の変化に取り残されてします。

最後に

会社の変化に対応して仕事の仕方を変えることは組織人してはあたりまえのことと思います。ベテランなら「もうひとつ前に進んで」自身の仕事の仕方を変えることで会社や職場までも変えてみませんか?どうせ仕事をするなら言われて変わるより、先に自身が変わって、会社や職場を変えていきませんか?

ここ数年シュ-ワはこれまでとは大きく違ってきっていると思っています。私も乗り遅れないようにしたいと思います。

有事の際のリスクを最小限に災害時の燃料確保について【BCP対策】燃料の緊急時供給契約専属貯蔵サービス・専属配送サービス

筆者:松山信仁
シューワグループ
執行役員部長