社員の皆さん、今の業務は満足していますか?1日の1/3は会社で仕事に励んでいますが、現状に満足していますか?仕事が終われば、プライベートの時間を持ちたいですね!

業務改善で毎日の充実感を味わいませんか?

よく耳にする会社への不満は次のような事が挙げられます。
社員側では、

  1. 残業が多い(上司や同僚に遠慮して付合い残業をしている)
  2. 仕事量が多い(仕事の振分けを考えて欲しい)
  3. 休めない(仕事が片付かない、増員してほしい)

等ですが・・・。
経営者の社員に対する要望もあります。

経営者の社員に対する要望

  1. 指示、依頼したことへの報・連・相がない。
    つまり、指示、依頼事項の進捗が分らないということです。仕事には納期があります。納期が遅れると、次のステップ(仕事)に進めません。また、ビジネスチャンスを逃す事さえありますし、場合によっては会社損害にも繋がります。
  2. 会社の方針や方向性に無関心
    特に管理職の方は、それがあってはいけません。欲をいえば、全社員が同じ方向に気持ちをむけてもらいたい筈です。

さて、社員の不満を解決するためには如何したら良いでしょう。
各自の一日の仕事は無駄や効率を考えていますか?業務の効率や改善には、今の業務の全体像が見えなければ、問題点も、その対策も講じられません。

まず、各セクションの業務のフローチャートを作ってみてはどうでしょうか?意外と、そこから問題点は見えてきます。問題点の対策ができれば業務効率も必然的にあがります。前述の社員の皆さんの不満も解決していく筈です。

しかし、社員の仕事に対する不満が解決しても、会社のレベルは上がりません。
そこで、「これは守ろう5ヶ条」

  1. 報・連・相の励行
  2. 指示依頼事項の納期厳守
  3. 日別、週別、月別の行動計画表作成
  4. 付合い残業の絶無
  5. 「ありがとう」を言ってもらえる仕事

シューワ丸の大型船は荒波を乗り越え大海原に向って、船長(社長)は舵を取っています。我々社員は、オールを漕ぎましょう。工夫(改善)をすれば力を入れなくても、スムーズに船(仕事)は前進します。

会社の倒産の悲劇は、皆さんの生活にも影響します。
いつやるの?『今でしょ!』

有事の際のリスクを最小限に災害時の燃料確保について【BCP対策】燃料の緊急時供給契約専属貯蔵サービス・専属配送サービス

筆者:下川和久