『あったらいいのになぁ』というサービスに出会いました。

10月中旬から結構な肩こりで歯が浮きつらい日々が続きいいました。ここ10日くらいにはご飯も食べられない状態でした。日曜は決算の税額計算の最終日であるにも関わらず前日から激しい痛みでほとんど眠れない状態でした。

『あったらいいのになぁ』というサービス

もっと早く歯科医にいくべきでしたが忙しいということでいけませんでした。インタ-ネットで日曜日も空いている北花田のS歯科というところに予約を入れていってきました。

私の実家の兵庫県西部では日曜どころか土曜日の午後ですら休院しているところがほとんどですから、日曜日にいけるだけでも嬉しく思っていました。当然「腕は良くなく、無茶苦茶待たされるんだろう」と思っていきましたが、会社近くの歯科医と時間はほとんど変わらず、逆に「治療は一度で一旦終了できるくらいまでに」していただけました。

日曜日に開けているということで、私のように激しく痛んで仕方がないような患者さんが多くおられるようで、「私たちが必要としない治療は後回しでまずは痛みだけ直すというスタンス」でした。もしこの歯科医がなければこの日は仕事どころではなかったと思っています。

治療の話をしている時に先生からお話があったのは「今まで通院する時間なかったんでしょう!できるとこまで治療しておきますから」このお言葉にはびっくりしました。私がつべこべ言わずともこちらの望むところをしっかりとつかんで、この歯科医は日曜だけの勤務のようですが、そしてこの歯科医若い方でしたが関心しました。

結局原因は肩こりで浮いた歯ではなくその隣の歯に大きな虫歯があったことが原因でしたが、腕も悪くなく「あってよかった」と思いました。

最後に

このS歯科がこのように緊急の患者さんへの対応をコンセプトにしているようです。S歯科もニッチビジネスを狙っていると思います。我社に似たものを感じました。歯科医が過剰になって過当競争に負け廃業していく歯科医たくさん出てきている中この歯科医は我社同様に益々繁盛していくのだと思いました。

有事の際のリスクを最小限に災害時の燃料確保について【BCP対策】燃料の緊急時供給契約専属貯蔵サービス・専属配送サービス

筆者:松山信仁
シューワグループ
執行役員部長