シューワ実践二十魂の「感謝の気持ちを忘れるな!」は23年度を振り返ると改めて強く思い考えさせられる一魂です。昨シーズンは、他業種含め多くの企業様とご商談やお付き合いをさせて頂きたくさんの機会(チャンス)を頂きました。そして多くの気付きもありました。

不十分な会社

約20年前、我社のスタートは灯油巡回販売でありますが創業時は車両が10台にも満たない会社でまさか灯油小売売上高で日本一になるなんて夢にも思わなかったし考えもしませんでした。しかし、すべてが順調に思えましたが原油高騰、世界恐慌など世界情勢に左右される業界で不安定な事もあり『脱!灯油』を旗印に夏期事業に取組んだのは記憶に新しく、今でもはっきりと覚えております。今では、年間を隙間なく働ける環境が整い安心して取り組める条件も揃っていますが、当時は網戸の張り替えやタクシー洗車、カップラーメンの巡回販売もあったような1日の給与が500円の時もありました。とにかく色んな仕事をしたし、やる!しかなかった状況でした。すべては冬の灯油販売事業しかなかったからです。

「やりきる!」の想い

今のシューワがあるのは不十分な仕事、不十分な商売からの「やりきる!」の想いがあったからこその結果だと思います。苦境な環境が今のシューワを育てたに違いありません。ならば不況になればなるほど我社は成長するのだと思えば世の不況に感謝しなければいけません。苦境は人材を育て、企業を育て、夢をも育てる。そんな気付きを与えてくれた不十分な会社に感謝の気持ちを捧げ、利益を捧げます。

有事の際のリスクを最小限に災害時の燃料確保について【BCP対策】燃料の緊急時供給契約専属貯蔵サービス・専属配送サービス

筆者:角谷 育則
シューワキャリアパワー株式会社
代表取締役