企業は『人・物・金』で構成されている。ですが最近、管理会計や限界利益など経営指数を通じて思う事は常に数字の影には『人』があり、すべては個人能力が数字となって合わさった合計だと思うようになりました。会社の『出来高』は社員能力の『評価』で会社の不平、不満は社員能力の『レベル』だと・・・会社の愚痴は自分への愚痴だと考えて自らが考え、想い、行動して変えて行く!そんな事を全社員が思えば小さな会社でも大企業に負けない『強くて良い会社』が出来ると思います。世界に通用する中小企業を目指して!

有事の際のリスクを最小限に災害時の燃料確保について【BCP対策】燃料の緊急時供給契約専属貯蔵サービス・専属配送サービス

筆者:角谷 育則
シューワキャリアパワー株式会社
代表取締役