本日は、クラウドコンピューティングと改善についてお話しをさせて頂きます。最近、クラウドコンピューティング(Cloud Computing)という言葉を良く耳にしますが、皆さんはご存知ですか?

クラウドコンピューティングと改善

色々な見解があるようですが、例によって辞書で調べますと、『ユーザーから見てクラウドの中にプロバイダーのサービスがある』そうです。何の事か良く分りませんね?もう少し詳しく言いますと、英語で雲の事を『クラウド』といいますが、ネットワークを雲の図で表す場合が多く、それが由来と言われていますが、ネットワーク上にあるプロバイダー(提供者)のサービスとなります。ネットワーク、通常インターネットの事を指しますが、インターネットを通じて色々なサービスを提供する事を指すようです。

クラウドコンピューティングが登場する前は、インターネットを通じてソフトウェアを提供するサービスである、ASP(Application Service Provider)が1998年頃から登場し注目され爆発的に普及するのではと期待されていましたが、既存のソフトウェアをインターネットを通じて利用できるようにした様なものが多く、利用し辛くあまり普及しませんでした。2005年頃に新たにSaaS(Software as a Service)と言う名で、インターネットを通じてソフトをレンタルするサービスが再び脚光を浴びました。これは、ASPでの提供を当初から前提として開発したことにより、操作性が飛躍的に上がり徐々に普及が進みました。クラウドコンピューティングは、ネットを通じてソフトを提供するだけではなく、ネットを通じてプラットフォームを提供するPaaSやその他ハードウェアーや色々のものをネット通じて提供する事を総称して、クラウドコンピューティングと言われることが多いようです。

ネットを通じてソフトを借りる利点とはいったい何なのでしょうか?何故、普及が進んだのでしょうか?

未曾有の大震災以降、非常に良く言われているものの中にBCPがありますが、皆さんご存知でしょうか?BCP(business continuity plan)事業継続計画ですね。ECサイト(ネットショップ)を作った場合を例に考えてみましょう。通常ネットショップは年365日24時間、開店している所がほとんどですが、自分でネットショップ用のコンピューターを用意し、365日24時間監視する事は非常に困難です。

そこで、IDC(Internet data center)が有効になってきます。EDCの多くは、震度8の地震に耐える構造を備え、また、24時間有人監視されている所が多く、人の出入りを始め様々なセキュリティーが施されていて非常に安全です。更には、災害発生時に備え大型のバッテリーや自家発電機を備えている所が多く、電力が供給されなくなっても数日は発電できる所も多く存在します。ネットショップの大事なお客様のデータを破損させてしまう危険が、自分で設備を用意するのと比較し飛躍的に下がります。また、この様な設備を個人で整えるのは費用対効果的にも非現実的です。

SaaSを提供する企業の多くが、IDCにソフトウェアを置いてサービスを提供されることが多く、安全に、安心して利用する事が可能です。また、パッケージソフトは違い、必要な機能を必要な分だけサービスとして利用することが可能となっていて、とても便利で安価です。更には、オフィスレス、ネットにつながる環境の端末さえあれば、全世界どこからでもアクセスが可能となり非常に便利です。今日のクラウドコンピューティングが実現するためには、失敗を糧に諦めない精神で改善を積み重ねたからこそ、爆発的な普及に至ったのだと思われます。

最後に

改善を実現するためには、一人で改善方法を考えては、あまり良い効果を期待できないそうです。一人で考えようとすると、つい大きな事、気軽に実践しにくい突飛なことを考えてしまうことが多くなるそうです。まして日頃の仕事で疲れている体で、そう簡単に知恵などでないものだそうです。トヨタ自動車さんでは、『みんなで知恵を出す』グループ活動を行うようになってから提案の質が向上したそうです。

例えば10人のグループで1人1人が小さなヒントを持ち寄り、グループリーダーがまとめ実戦的な改善提案に作り上げていくそうです。大きい効果を得るには、昔から言われている、ちりも積もれば方式しか無いそうです。小さな改善をけっしておろそかにしていけない。ローマは一日にしてならずです。繰り返しになりますが、昨日よりも今日、今日よりも明日の精神を忘れずに、小さな改善をおろそかにせず、業務に取り組んで下さい。

有事の際のリスクを最小限に災害時の燃料確保について【BCP対策】燃料の緊急時供給契約専属貯蔵サービス・専属配送サービス

筆者:鯉ノ内隆弘
シューワグループ
執行役員部長