今シーズンの灯油の巡回販売は、計画通り良い成績で終了することができました。これも、一重に皆さんのおかげと感謝しております。ありがとうございました。皆さんは、元ソフトブレーン社長の宋 文洲 氏をご存知ですか?

自助の精神

先日、宋 文洲 氏がテレビで福島の原発についてこう語られていました。福島原発は技術力の問題ではない。経営力の問題だ!「不都合の隠ぺい」「決断の先送り」「責任の押し合い」である。また、中部大学の武田邦彦先生も福島原発は明らかに人災である!地震学者が震度5と言えば震度5で想定し設備を作る。この度、問題になっている福島原発はそうして作られた。

日本には震度7以上の地震に耐える建物は技術的にいくらでも作れる。また、津波を略完璧に予測する機器も存在するが、重要視されていなかった。日本のみなさんは、よく日本のリーダーシップが悪い!総理大臣が悪いといわれますが、それではすまなくなってきている。いざとなれば税金を出せとか、マスコミが悪い、教育が悪い、先生が悪い、総理大臣がわるい、悪くないのは私だけ!

あまり人ばかり批判するのではなく、我々一人ひとりが、困難な局面に立たされた時、ちゃんと自立しているのでしょうか?建築家の安藤忠雄氏は言われています。

あなたはひとりのお父さんとして、お母さんとして、女性とし男性として、リーダーシップがありますか?

あなた個人、自分に対してリーダーシップがありますかと、問いかけられています。先週の東洋経済でも凡そ4年後には、国債が暴落し、物価も金利上がり超インフレ時代がやって来るとのシミュレーションも掲載されていました。朝礼でよく社長もいわれていますが、30年後には日本の人口も30%減ると言われています。今までと同じでは、2040年には売り上げが30%減ってしまうのです。もう、対岸の火事ではすまされません。シューワ実践二十魂の9番目にありますように『原因他人論』ではなく『原因自分論』で物事に対し、また困難な時こそ自らの頭で考えて、自ら動く。
「自助の精神」を忘れず、一歩を踏み出す勇気を持って業務に取り組んで下さい。

有事の際のリスクを最小限に災害時の燃料確保について【BCP対策】燃料の緊急時供給契約専属貯蔵サービス・専属配送サービス

筆者:鯉ノ内隆弘
シューワグループ
執行役員部長