被災地、岩手を訪れてから早3ヶ月が過ぎ去り、今月いっぱいをもって岩手県を離れることになりました。3ヶ月前を振り返ってみると、道路脇にはガレキが山積みで道が狭く通るのがやっとな状態でした。
ですが、今は先にどんな建物があったのか分かる位まで片づけられ、枯れかけてしまった街も今では色を取り戻してます。実際のところは、ガレキを処分したと言うより隅に寄せただけの形かもしれませんが、昔の街に戻りつつあると思います。

私はこの光景を見て『人間の力は凄いな』と単純ではありますが心の中でそう感じました。
この3ヶ月間お世話になった方々には本当に感謝しています。
地元に帰省してからも岩手県、東北の復興を祈り応援し続けたいと思います。
人生の勉強になりました。

有事の際のリスクを最小限に災害時の燃料確保について【BCP対策】燃料の緊急時供給契約専属貯蔵サービス・専属配送サービス