陸前高田のリンゴ園でのガレキなどの撤去作業をしました。
大量のガレキの中に、たくさんの写真やアルバム、寄せ書きなどの思い出の品が出て来た。
震災から2ヶ月以上たち、ガレキの街の風景が、普通の日常の風景になりつつある。
だがそのガレキも元は住民の方の家や車や大事な物であり、そしてそこには人々の大事な思い出がつまっている。
笑顔でいっぱいの写真、笑顔でいっぱいの思い出。
そしてこんな災害があっても、笑顔で接してくれる被災者の方々。

東北の人は強い。
東北は強い。
日本は強い。

これからも引き続き末永く東北を応援したい。
このような人を応援出来る仕事が出来る仕事が大変ありがたく思います。

有事の際のリスクを最小限に災害時の燃料確保について【BCP対策】燃料の緊急時供給契約専属貯蔵サービス・専属配送サービス