今週は、月曜日~金曜日の5日間、大槌町建設業連合の主力ダンプカーへの軽油を給油しました。
瓦石楽の運搬で1日中走り続けるダンプカーの運転手さんから、
「効率が良くて便利で助かる。ありがとう」と感謝の言葉をたくさんいただきました。

給油が終わって給油量を運転手さんに報告に行くと、
「遠くから来てくれて御苦労様。大変だけど頑張って」と逆に激励されます。
復興に向けての情熱とエネルギーを感じます。

3月19日に震災復興(復旧)支援の為に東北へ向けて出発して、約2ヶ月が経過しました。
震災前の生活とは程遠い環境で生活されている被災者が、未だ大勢いらっしゃいますが、とりあえず地元の力で復興していくきっかけ作りとして、支援のお手伝いが出来たようです。

本日 5月14日をもって4名が各々の所属店へ帰りますが、一生のうちで一度経験出来るかどうかというような震災地の中の状況を体験しました。

現地でお世話になった関係者の方々。
貴重なチャンスを与えて下さった会長、社長、有永ブロック長、冨田店長代理。
支援活動の中で多々ご指導頂いた中井次長。
寝食を共にし、アドバイスを頂いた他店から派遣された諸先輩方々。
皆様のお蔭をもちまして無事終了することが出来ました。
本当にありがとうございました。

有事の際のリスクを最小限に災害時の燃料確保について【BCP対策】燃料の緊急時供給契約専属貯蔵サービス・専属配送サービス