この数日は新潟県から福島県会津エリアのホームセンター数店舗へ納品に走っていました。
会津は新潟県と福島県との県境にあるのですが、山間部はこの時期でもまだまだ寒く、暖房は欠かせません。
震災から2日でほとんどの店舗が品切れになり入荷の見通しがたっていなかったようです。
周辺のガソリンスタンドは相変わらず長蛇の列です。

そのような中で卸していると、みなさんこの寒さにかかわらず整理券片手ポリ缶片手に並ばれています。
携帯を取り出して灯油が入ってきたことを知らせてる方が何人もおられました。
一人一缶の制限はありますが、『やっと買えた』といった方々の安心した表情がとても印象的でした

有事の際のリスクを最小限に災害時の燃料確保について【BCP対策】燃料の緊急時供給契約専属貯蔵サービス・専属配送サービス