現地での活動、3月20日仙台市において比較的に地震や津波の被害があさいところで、震災による被害の復旧などに使うトラックなどに軽油の給油をしました。
現地に行ってみての感想は、津波により会社やトラック自家用車など全てを失ってしまった方に付いて現地を回ったのですが落ち込むのではなく「少しでも早く町が復活して欲しい」と頑張っていらっしゃいました。
まだまだ食料や燃料の確保が困難で困って見えます。
こんな方々の少しでも力になれるようこれからの活動も頑張って行きたいです。
3月23日青森市、弘前市、にて仙台と同様の活動をしました。

有事の際のリスクを最小限に災害時の燃料確保について【BCP対策】燃料の緊急時供給契約専属貯蔵サービス・専属配送サービス