本日は秋田県能代市の運送会社の地下タンクに4キロリットル納品しました。
担当者に震災の影響を尋ねたところ、直接的な被害はないが、燃料が届かないといった間接的な影響があるようです。
未だに東北唯一の生産拠点の仙台製油所の復旧の目処がたっていないようなので、まだしばらくは不足が続きそうです。

また、能代市内のコンビニに数件立ち寄ったのですが流通が滞っているため、店内に食料品がひとつもありませんでした。
宿泊先のホテルも食事時間制限を行なっており、昼食のみ提供している状況です。

連日報道されていたこともどこか他人事のように感じていましたが、実際に目の当たりにすることで事態の深刻さが身に染みました。
これらの事態に微力ながらも貢献していきたいと思います。

有事の際のリスクを最小限に災害時の燃料確保について【BCP対策】燃料の緊急時供給契約専属貯蔵サービス・専属配送サービス