2020年10月13日発行の燃料油脂新聞にTYKULのが内容が記事として掲載されました。

2020年10月13日発行の燃料油脂新聞にTYKULのが内容が記事として掲載されました。

【堺市=大阪】インターネットやスマートフォンで灯油を簡単注文できる、巡回宅配サ ービス「TYKUL (トウユクル)」を展開するシューワ(本社 堺市・矢野秀和社長) では、同システムの取次店を募集し、11月から全国規模でサービスを開始する。

取次店としてはガソリンスタンド、酒店、米屋、燃料店、農協、生協、LPガス店に加え、HC(ホームセンター)、住宅設備、新聞配達店、スーパー、牛乳配達など幅広い業種を対象。参加費は無料で、取次店には紹介手数料が入る。 配送や代金回収などはシューワが行う。

矢野社長は「近年の暖冬傾向で暖房用灯油需要が減少のなかで、人材不足、ローリー確保など灯油販売ビジネスの厳しさは増すが、 コロナ禍による巣ごもり需要と高齢化による灯油の需要はまだまだ見込める」と話す。

灯油は、買いに行く手間や注文、重たい缶の持ち運びということで敬遠されがちだが「TYKUL」システ ムを活用すると、パソコン・スマホから4クリックで灯油が自宅まで届けられる。地域ごとに決まった周期で巡回しているため、給油忘れの心配もなく、またクレジットカード払いで代金支払いも不要。入会金・ 会費もかからず、高齢者などには、販送員が所定の場所まで持ち運ぶなど、高齢化社会に即応した新サービスとして注目されそう。