避難所へのスムーズな灯油供給を可能に。大阪府とシューワが防災協定を締結。~冬場の災害に備えた大阪府の暖房対策~

関西を基点に灯油の販売を行っているシューワ株式会社(大阪府堺市、代表取締役 矢野秀和)は、平成28年3月25日(金)付で大阪府と『災害時における避難所等への灯油等の供給協力に関する協定』を締結いたしました。

東日本大震災を教訓として、大規模災害時には、避難所等に供給する灯油と、それを配送するタンクローリーが不足するという事態が予想されます。大阪府は大規模災害で電気、ガスがストップした際に復旧するまで1か月要すると想定しており、冬場に災害が起こった場合に助かった命をつなぎ、避難所生活が少しでも快適になるようにと本協定の締結へ至りました。防災協定の内容につきましては以下の通りです。

災害時における避難所等への灯油等の供給協力に関する協定

シューワ株式会社は、大阪府から以下について協力を要請された場合は、自らの業務に支障のない範囲でこれに応じる。 輸送は、シューワ株式会社又はシューワ株式会社の指定する者が行なうものとする。

1)シューワ株式会社は、大阪府が指定する避難所等へ灯油を供給する。
2)シューワ株式会社は、可能な範囲で大阪府が指定する避難所等へ石油ストーブを供給する。
3)シューワ株式会社は、可能な範囲で灯油を仮保存するための資機材を供給する。

なおシューワ株式会社から大阪府へストーブ100台が寄贈され、矢野社長から盛岡室長に目録が、竹内副知事から矢野会長に感謝状がそれぞれ授与されました。

協定書を交わす竹内副知事(左)と矢野会長(右)

記念撮影に応じる関係者(右端が矢野社長、右から2番目が矢野会長)

協定締結式

1)日時 平成28年3月25日(金曜日) 14時15分から14時45分
2)場所 大阪府庁本館3階特別会議室(大)
3)出席者

大阪府 副知事 竹内 廣行(たけうち ひろゆき)
政策企画部危機管理室長 森岡 武一(もりおか たけかず)
シューワ株式会社 会長 矢野 秀男(やの ひでお)
代表取締役 矢野 秀和(やの ひでかず)
BCP事業部 事業部長 中井 正隆(なかい まさたか)
BCP事業部 課長 福冨 康之(ふくとみ やすゆき)

大阪府ホームページ(報道発表資料)

シューワ株式会社と「災害時における避難所等への灯油等の供給協力に関する協定」を締結します!http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=23514