東京ビッグサイト(東京国際展示場)にて行われるメンテナンス・レジリエンス TOKYO2015『事前防災・減災対策推進展』へ出展のお知らせ。

平成27年7月22日より3日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)にて行われるメンテナンス・レジリエンス TOKYO 2015『事前防災・減災対策推進展』にシューワ株式会社/テレネット株式会社の共同で、BCP(事業継続計画)対策のブースを出展致します。皆様のご来場心よりお持ち申し上げております。

来場対象

官庁・地方自治体 高速道路 電力・ガス 鉄道
医療・教育機関 建設 製造業 流通・サービス業等

シューワ株式会社/テレネット株式会社出展内容

出展区分:BCP(事業継続計画)
災害時用燃料の【専属貯蔵・専属配送サービス】のご提案、災害時に繋がる超広域無線・GPS連動【IP無線機】・高度利用型【緊急地震速報機】緊急地震速報受信機に連動した自動発信機能【安否確認システム】など防災全般のご案内。

出展スケジュール

日時 2015年7月22日(水)~2015年7月24日(金)
時間 10:00~17:00
会場 東京ビッグサイト 東1ホール(東京国際展示場)(交通アクセス
出展小間番号 1D―10(テレネット株式会社と共同出展)
主催 一般社団法人日本能率協会
企画協力 一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会
展示規模 326社/524ブース(2015年5月20日現在)
※メンテナンス・レジリエンスTOKYO全体で
来場登録予定者数 20,000名
※同時開催展含む
入場登録料 3,000円(税込)
※招待状持参者、事前登録者および学生は登録無料

会場の事前登録はこちらからとなります。
https://mente-bmn-reg.smktg.jp/public/application/add/48

当社出展ブースの見どころ情報(出展小間番号1D―10)

シューワ株式会社(災害時燃料配送サービス)

3.11の東日本大震災では燃料施設が被災し燃料が枯渇する事態となりました。また被災地だけでなく、関東地方でも燃料が出荷制限されるなど各地で混乱が起きました。
そんな時に緊急車両が燃料を全国網でお届けできる【災害時燃料貯蔵・配送サービス】があります。緊急車両とし規制区域も配達でき、また最寄の備蓄タンクが被災しても全国50ヶ所のタンクから迂回配送します。

テレネット株式会社(新商品)

緊急災害速報付IP端末【HAZARD TALK(ハザードトーク)】は災害時に固定・ケータイが通話出来ない段階でも通話可能なパケット帯域を使用した無線です。安全対策として、高度利用型の緊急地震速報や津波情報を無線端末の移動位置ごとに、詳細な緊急災害情報配信(DEWS)を音声と表示で瞬時配信。

緊急地震速報機【HAZARD PRO(ハザードプロ)】は、「あと○秒で震度○の地震がきます」と具体的な情報を発報します。既存の放送設備との連動で建物全体への注意喚起やシャッターなど器具に連動させて、あらかじめ避難経路の確保をし、二次災害防止に寄与します。地震計付で首都直下型地震にも対応。

『事前防災・減災対策推進展』とは?

わが国は地震・津波、火山災害、風水害、土砂災害、雪害、高潮災害など、自然災害に対して脆弱な国土条件にあるため、南海トラフ巨大地震、首都直下地震など今後予想される災害に対して、事前防災・減災、インフラの維持・管理・更新などにも対応したナショナル・レジリエンスへの総合的な取組みが急務です。
また、防災に対する意識の高まりと東日本大震災の教訓を踏まえ、事前防災・減災対策の必要性を自治体、産業界、交通・ライフライン機関等で認識されてきています。
そのようななか、官民が一体となり災害へ備えるとともに大規模災害に遭遇した場合、早期復旧に備えるため、事前防災・減災に関する製品、技術、サービス、先進的な取組みを一堂に展示・紹介し、関連産業の振興と事前防災・減災に対する意識のさらなる向上を図るべく開催いたします。

主催者:一般社団法人日本能率協会
連絡先:事前防災・減災対策推進展事務局
TEL:03-3434-1988 FAX:03-3434-8076